お金に縛られない体験のデザインvol.1

 
69223103_944354325916810_5999950698400186368_n.jpg
 
 

いつの時代も人間が生きていく上では、切っては切り離せない存在である「お金」。

人間が作り出したものでありながら、人間自身がその価値に翻弄されてしまうことがあります。今回はそんな「お金」をサービスとして扱いながらも”お金からの解放”を目指すという、一見すると矛盾した事業にチャレンジする株式会社eumo新井さんに出会いました。

ZEPPELIN自身も、本来対極にある「デザイン」と「テクノロジー」を高度に融合させ、今までにないマーケットプレイスを生み、新たなビジネスの可能性を切り開こうとしています。

 

今回のコラムでは、「お金」というキーワードを元に、今までのお金の概念を超えるチャレンジをしている株式会社eumo新井さんにスポット当て、お話を展開していきます。

 
 
IMG_4562.JPG
 
 

株式会社 eumo 代表取締役 新井 和宏

1968年生まれ。東京理科大学卒。
1992年住友信託銀行(現・三井住友信託銀行)入社、2000年バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現・ブラックロック・ジャパン)入社。公的年金などを中心に、多岐にわたる運用業務に従事。2007~2008年、大病とリーマン・ショックをきっかけに、それまで信奉してきた金融工学、数式に則った投資、金融市場のあり方に疑問を持つようになる。2008年11月、鎌倉投信株式会社を元同僚と創業。2010年3月より運用を開始した投資信託「結い2101」の運用責任者として活躍した。2018年9月、株式会社eumo(ユーモ)を設立。

 

お金だけ増やしても、人は幸せにならない

 

−まず、新井さんの過去から今に至る経緯をお聞きしてもいいですか?

では生まれからお話ししていきますね。実家はとても貧乏な家庭でした。もともと母親が障害者で、さらに父親は交通事故にあってしまったんです。それまでは父親が母親を支えつつ、私を私立中学に行かせようと頑張って働いていました。でも、事故で働けなくなってしまって、そんなことも言っていられなくなってしまったのです。当然私立は諦めて、中学からは親の手伝いをしていました。それで、高校時代は家庭教師をして稼いで、そして大学は夜間のところに通いながら昼間監査法人で働いてたのです。そうやってずっとお金に苦労してきたので、やっぱりお金があったらなと最初は思って、一番お金のことを勉強できる銀行に入りました。

 

 お金はなかったけど、とにかく愛が大きかった。

 
IMG_4506.JPG
 
 

ただ少なくとも言えることは、愛された。お金はなかったですけど、両親共にすごく愛してくれたんです。とにかく愛の多い人たちでした。それは息子である僕に対してはもちろん、周りの人に対してもそうなのです。それはたとえば、父親の仕事にすごく表れていました。職人だったのですが、母親のこともあって父親は障害者に対しての理解がすごく深くて。養護学校などでは、ボランティアで仕事をやっていたようです。

 なので、障害者に対する思いが違いました、最初から。それを私は後から知るわけですけれど。今考えると、今の自分は当時の父親に似ているなと感じます。お金になる・ならないではなく、その奥にあるものを大切にしたいという思いがあります。

 

−たしかにそうですよね、お金だけ考えたらもっと稼げるところはどこだろう?という視点になりますね。

 そう。お金を稼ぎたかったらそのまま外資系のところにいればよかった。鎌倉投信を作ってしばらく経ちますが、そうは言っても上場していないので、創業した利益を得ようと考えると、これからの方がよっぽど儲かるわけです。それなのになぜ、今それを捨てて新しいことやるのかというと、やはりお金よりも大切にしたいことがあるから。父親の影響も大きいと思います。

 

休暇を取る時の飛行機の機内で倒れ、ストレス性の難病に

 

−それで、銀行に就職されてから鎌倉投信に至るまではどんな経緯があったんですか?

 銀行みたいな大きな組織に入ると、東大や京大や早慶などが半数以上を占めるんですよ。私はとにかく一番になりたかったので、そういう人たちに勝つために沢山勉強したんです。そうしたら、「勉強したいのだったら調査部の方に行け」と言われて、投資側の調査に回されました。それが投資の世界というか、今の方向に進む分岐点でしたね。

 

−ということは、一番の稼ぎ頭ですよね

そう。それで投資のリサーチ部門に入ったのですが、僕は理系だったので数学的で楽しくて。でも、投資のリサーチみたいな部分は圧倒的に海外の方が進んでいるので、しばらくして外資系に移ることにしました。その外資系の会社の運用哲学というか、投資哲学がすごくて、全部科学的に合理的にやるんです。僕にはとてもフィットしていてよかったなと思います。

 

−いまもそのような科学的なやり方はベースにあるのですか?

哲学は大事にしていますね。実は投資哲学をしっかり持つことは運用の世界においては一般的なのですが、日本はほとんど無いです。運用会社に哲学がないから全然面白くない。後々の話にも繋がってきますけど、そんなこともあって哲学は大事にやっていました。

それで夢中になって一生懸命やっていたのですけど、会社がなかなか利益が出なくなってきていろいろ圧力もかかってきて、肉体的にもすごく忙しかった事もあって、ストレス性の難病にかかってしまいました。休暇を取る時の飛行機の機内で倒れて。やっぱりものすごい額を扱う仕事だから、そんな状態ではもう続けるのは無理だなと思って辞めることを考えました。

 
 
IMG_4647.JPG
 
 

辞めようか悩んでいる時に、法政大学の坂本先生が書かれた「日本でいちばん大切にしたい会社」という本に出会ったんです。その中に障害者を50年以上雇用している「日本理化学工業」という会社を見つけました。その会社の障害者雇用率は計算すると100%を超えるらしくて、最大値が100なのにどうやって超えるんだと思うじゃないですか。

どうやら重度の障害者を雇うとダブルカウントになるらしいのです。今までの業務的に、会社を売り買いの対象としてしか見ていなかったので、その時初めて会社に血が通っていることに気づいて感動しました。母親のこともあって余計インパクトがあったのだと思います。それがきっかけで、会社ひとつひとつに命があって美しいものなのだ、という感覚になり、そういう会社を応援する仕組みを作ろうと考えました。その結果が鎌倉投信です。

 

−なるほど、そういうふうに繋がっていくのですね。

 投資の世界の1つの大きなテーマに、「金銭的束縛から解放」というのがあります。要は、顧客である投資家さんを豊かにすることによって、金銭的束縛から解放し、自由にする。顧客の皆さんが少なくともちゃんとした年金をもらえて、自由に行動ができるようにするのが、資産運用会社の使命であると。今はそう思っていないんですけどね。

理由はすごく単純で、お金だけ増やしても人は幸せにならないことがわかったからです。それは鎌倉投信をやってみてわかったことで、当時のお客様から教わった部分なんです。鎌倉投信が世界に誇れるイノベーションとして、リターンの定義を変えたいというのがあります。たとえば金融マンたちは、当たり前ですが「お金を預かってお金を最大化する」のが目的になりますよね。そこに真っ直ぐなのです。そうなると、好きな会社であったりこの社長がいいみたいなものは関係なくて、とにかくいちばん儲かるところを相手にすればいいということになります。

 

−そうなりますね。

 でもそうすると、社会は豊かにならないのですよ。極端に言えば相手がどんなに悪いことをやったりブラックなことをしても、儲かるのなら投資しなければいけないことになる。それって変じゃないですか?つまり、お金は目的じゃなくて手段でしかないのだけれど、でもどうしても一般的な概念にはなってないですよね。鎌倉投信時代に「それは手段だよ」とはっきりと言いました。具体的にどういうことかというと、「お金を預かってお客様を幸せにする、幸せを返す」ということでした。

 “幸せ”というのは、物心両面が豊かになってはじめて成り立つんです。「物」というのはファイナンシャルリターン、お金のことですけど、実際はお金だけでは不十分で。お客様の心が豊かになっていくためには、社会が豊かになっていっているということを見せる必要があった。つまり、ファイナンシャルリターンとソーシャルリターンとお客様の心の豊かさ、この3つが揃ったときにはじめてお客様が幸せになります。この「お金を預かって幸せを返す」というのは誰もやってない、鎌倉投信が視界に先駆けたイノベーションだったのです。

 
 
IMG_4536.JPG
 
 

−なるほど。さっきお客様に教わったといっていましたが、具体的にどんなことがあったというのはありますか?

お客様にお金を投資してもらって、「社会のためにこういうふうな仕組みを作ります」っていうと、お客様が応援してくれるようになるのです。それで、その仕組みがいいものであればあるほどに、お客様が要求する利回りが下がってくるのです。年率で4%くらいを目標にしていましたけど、「すごくいい仕組みだからもう4%なんていらない、1%か2%でいいから社会のためになるところを応援することに使ってくれ」というふうに仰り始めた。つまり、「自分のお金が社会の役に立っている」実感して心が満たされると、要求利回りが下がるんです。それが真の幸福だと思いましたね。

 

—確かに。その通りですね!

そうなってくると好循環で、もうお客様は寄付したという感覚に近くなっているので、どんなことになっても勝ちなんですよ。だから、社会のためになるけど業績の悪い会社などにどんどん投資できる。鎌倉投信のお客様はそれをワクワクして楽しんでくれる、いわば「愛すべき変態」なんですね。

—お金だけ増やすだけではなく、心が満たされることの大切さがよくわかりました。

 
ブログZeppelin Inc.