001_s.jpg

ZEPPELIN

設立
2005年 10月 18日

取引先銀行 
三菱UFJ銀行, 城南信用金庫

サービス
イノベーティブパートナー / デジタルイノベーション / デジタルサービス開発

代表取締役
鳥越康平

パートナー企業 
NTTdocomo / Sony / NHK / SoftBank / Canon / Nestle / DENSO / KDDI / J:COM / Nikon / FUJITSU / NTT Resonant / OMRON / NEC / LAWSON / KIRIN

 

KOHEI TORIGOE

鳥越 康平

鳥越康平のツイッターやブログは下記から

IMG_8948.png

大学にてデザインと建築を学んだ後、SAMSUNG電子に入社。主に携帯端末等の最先端機器のプロダクトデザインとUXUIデザインに携わる。2005年に日本に帰国し、「より美しく内なる豊かさをつくる」というビジョンを元にZEPPELINを設立。

デザインとUXUIを軸にグローバルなビジネスに携わり、通信、電子機器、自動車、環境、放送、医療、教育など幅広い業界で活躍。現在はデジタルイノベーション、デジタルマーケティング、事業創造、組織改革などの領域にて活躍の幅を広げており、ZEPPELIN社オリジナルの事業も推進している。

 

JAY KOMUDA

Jay Komuda

社会学と美術を学んだ後、機能と視覚の間で存在するバランスに惹かれ、デザインに従事し始める。戦略的に思考し、人間中心のデザインエバンジェリストとして、ユーザーに愛される有意義な体験設計を生み出すことに専念。デザイン、UX業界で10年以上働きながら、リンカーン、シティバンク、メルセデスベンツ、オレンジなどの主要なグローバルブランドをつくりあげる。

人間やビジネスの課題を解決するために、デザイン思考を追求し、 ZEPPELINの役員として積極的に企業の成長を促し、イノベーションを促進している。

 

TAKAHARU YASUMOTO

安本 隆晴

早稲田大学を卒業後、朝日監査法人などを経て、安本公認会計士事務所を設立。90年ファーストリテイリングの柳井社長と出会い、監査役として同社の躍進を会計面から支える。現在、アスクル監査役、リンク・セオリー・ジャパン監査役、UBIC監査役。

主な著書に「ビジネスにいちばん使える会計の本」「ユニクロ監査役実録」「熱闘株式公開」「数字で考えるとひとの10倍仕事が見えてくる」「強い会社をつくる会計の教科書」「コンサルタントは決算書のどこを見ているか」などがある。2013年9月に経営コンサルタントとしてZEPPELINの経営顧問に就任。以来ZEPPELINの成長を支える。

 

SATOSHI NAKAJIMA

中島 聡

高校時代からプログラミング、ソフトウェアの開発に携わり、大学時代には日本のCADソフトの草分け的存在である「CANDY」を開発。大学卒業後にNTTに入社するも、数年後にマイクロソフト日本法人に入社。その後米国マイクロソフト本社に移り、Windows 95、Internet Explorer 3.0/4.0、Windows 98のチーフアーキテクトを務めた。

2000年にマイクロソフトを退社し、UIEvolutionを設立。同社のCEOとして、主に携帯電話上で新たなユーザインタフェースを実現するというフレームワーク「UIEngine」などを開発する。2004年に同社がスクウェア・エニックスに数十億円で買収された後、2010年にneu.Pen LLCを設立。次世代のサービスやアプリケーションのアーキテクトを行なっている。2014年にZEPPELINに乗船。ZEPPELINのCTOを務める。

 

お問い合わせ

デジタルイノベーションを起こすためのそれぞれのプロセスにおいて、画期的な手法を採用しています。ご相談やお問い合わせ事項がありましたら、お気軽に下記フォームよりお問い合わせください。