楽しく働きながら、夢を叶える。自由を追い求めるイラストレーターにとってZEPPELINとは?

 
Crew Interview|Risa Ikami

Crew Interview|Risa Ikami

自由に描くことの楽しさを学んだ、専門学校時代

ー現在の仕事内容と、入社するまでの経歴を教えていただけますか。

今は、「CHEESE」という漫画の執筆やイラスト業務、「Feelit」のコンテンツ制作、インフルエンサー獲得業務を担当しています。

入社する前は、美術の予備校でデッサンや絵具の使い方を勉強したあと、デザインの専門学校に通いました。デザインを身近なアートやイラストに近いものだと思い込んで入学してしまったんですが、学ぶうちにデザインにのめり込めないなと思い始めたんです。デザインってコンセプトありきというか、考えることが多すぎて。

イラストは子供の頃からずっと好きだったので、イラストのゼミに入りました。そのあとイラストを使える仕事を探して、ZEPPELINにたどり着いたというのがいままでの経歴です。

予備校は美術大学や専門学校に合格するために通う場所なので、主にイラストの技法などを学びました。ある程度コツみたいなものがあるんですが、私はそのコツがうまく掴めず全然上手くならなくて。

専門学校では、予備校で学んだようなことは全然教えてくれず、とにかく「イラストを自由に描いてきて」と言われるんです。なので、何でも自由にできるようになって、自分で展示を見に行ったりしていました。それで「イラストって自由なんだ」と思えるようになってから、少し上達したかなと思います。

 

ー依頼が来たときは、どのように考えて制作しますか?

そのあたりは、専門学校で学んだことが活きていますね。課題や依頼に対してどう答えるか、どういうコンセプトにするかなどを都度考えていたので、依頼の意図をくみ取る力はついているのかなと。

漫画やエッセーをかなり読んできたので、依頼からどういう表現を求められているか紐解いて、頭の中からその材料を引き出して、という感じで考えています。

IMG_8151.png

お互いに干渉し過ぎない。自分らしく働ける場所。


ーZEPPELINに入社した理由を教えてください。 

決め手は、アナログだったことです。今はペンタブを購入してもらいデジタルでも書いていますが、ZEPPELINに入るまではアナログでしか絵を描いたことがありませんでした。イラスト系の求人は、ほとんどがデジタルなんです。それに対してZEPPELINの求人は黒ボールペンと紙で描いたものを提出するという、アナログな方法で。絵柄も自分と近いものを感じて、しかも漫画を描ける。それが面白いなと思って応募しました。

デジタルは筆の大きさを変えられたりできて楽なんですが、ベタ塗りがきれいになりすぎたりして、表面のボコボコや作品の材質が活かされない。結果、味が出なくなる。アナログだとそれが自然に出てくるので、好きなんですよね。あと、私はデジタル機器がそんなに得意ではないので。


ーZEPPELINの社風はどうですか。

最高ですね。干渉しすぎないというか、放っておいてくれる。クルーと話すのはとても楽しいけど、「一緒にお昼を食べよう」みたいなグループを作ろうとする人がいなくて。私はひとりで仕事をするのがすごく好きなので、単独行動しやすいところが楽ですね。本当にいい会社だなと思って、よく友だちに自慢しています。

あと、外国籍のクルーと一緒に働くようになって、人について考えるようになりました。人は感情が一番内側にあって、肉体と言葉を通して感情を伝えるというイメージだったんですけど、外国の人は全部感情だなと。全然知らなかった世界ですね。

 

IMG_8153.png

漫画を仕事にするという夢を叶えた、その先

 

ーZEPPELINで、漫画を描くことを仕事にしてみていかがですか?

アルバイトから正社員に採用してもらったとき、本当に衝撃的でした。漫画という形でも、正社員に採用してくれる柔軟さが素晴らしいなと思って。だからイラストを描いていて、「え、え、夢叶ってない?」ってよく思います。自分のバナーがPeatixに載っていたりすると「えっ、着々と夢叶えてない?」って、テンションが上がりますね。

ZEPPELINには、デザイナーも多いし、美的センスの鋭い人が多いです。なので、自分で「おっ、うまく描けた」と思った絵を見せて、フィードバックをもらうと、冷静になって、勉強不足を実感することもありますね。それで、もっとがんばらないとって思えるので、ありがたい環境だなと思います。

 

ーインフルエンサー獲得業務は、イラストとは少し違う仕事かと思うのですが?

確かに一見違うように見えますが、1から考えるという点では同じですね。例えば、インフルエンサーマーケティングで、最初は全然引っかからなかった人が試行錯誤を繰り返しているうちに、リアクションをしてくれるようになったり。そういう風にして自分なりの流れを見つけることが楽しいなと思います。

現在はインフルエンサーマーケティングのバイトやインターンを採用する話が進んでいるので、適切なインフルエンサー獲得に向けた精度を高めるためにも、マニュアルを作ってみたいと考えています。

 

ー将来は何がしたいですか。

やっぱり自分の描きたいもので売れたいという願望はあります。今取り組んでいるバナーや、依頼をもとにイラストを描くのも楽しいんですけど、本当に自由に描けたらいいなとは思いますね。そこまでのプランとかを考えているわけではないので、流れるように生きています。


もっと自由に、もっと可能性を信じて働きたい。私たちの仲間になりませんか?