「三次元マーケティング ~右脳で感じる脅威の広告モデル~」を9月19日 開催しました!

 
71081526_401377047210253_2047963839797919744_n.jpg
 
 

2019年9月19日 WeWorkアイスバーグ原宿にて、「三次元マーケティング  ~右脳で感じる脅威の広告モデル~」を開催しました。


当日は、ZEPPELIN代表・鳥越康平が登壇。広告業界の過去から現在までの軌跡を辿りながら、広告の課題を参加者と共有しました。

鳥越は、デジタル広告が発信する過度な訴求や複数バナー表示が、ユーザーに不快感を与えている点について指摘。「顧客それぞれのニーズに沿ってパーソナライズされたコンテンツを提供することが、今後の広告に必要になってくる」と話しました。

 
 
71107338_406539330054069_1995185387584094208_n.jpg
 
 

その上で、そうした課題の解決策として、ARと最新テクノロジーの可能性について言及。

具体例として、スマホのカメラを覗くと高層ビルからラグビー選手が飛び出すものや、魚がAR空間上を泳ぐデモなどを披露しました。こうしたARを活用した広告は、“閲覧するだけ”の2D広告とは異なり、「ユーザーは右脳で感じ取り、その場だけの”体験型エンターテイメント”として複合的に楽しむことができる」と鳥越。

さらに、このARによる広告サービスの発展形として、ZEPPELINが独自開発した「ARaddin」について説明しました。これは、地図や衛星写真・画像などからビルや建物内の3Dマップを生成し、AIで場所を判別し様々なモノ(人物やキャラクター)をARで表現できるサービス。

 
 
(高層ビルからラグビー選手が飛び出すアニメーション)

(高層ビルからラグビー選手が飛び出すアニメーション)

 
 

「ARaddin」の説明を受けて参加者からは、「Vチューバーとのコラボレーションが実現したら面白いのではないか」や「空港、水族館、球場といった施設と掛け合わせることで面白い取り組みができそうだ」など様々なアイデアが出されました。

 
 
71534615_757491791355583_5358944168255160320_n.jpg
 
 
71312837_2565859023495163_6039892343769792512_n.jpg
 
 

具体的に協働に向けたお話も進んでおり、大変盛り上がりを見せた当日の参加者のコメントをお届けします。

【参加者の声】

・ARaddinは非常にインパクトがあり、今後様々な可能性を秘めているサービスだと感じました。

・ユーザーとしてARaddinが利用できるようになることを楽しみにしております。イベントにもまた参加させて頂きたいと思います。

・新規ビジネスARaddinにおける当社アセットとのシナジーをディスカッションさせて頂きたいです。

・先月のイベントにも参加させて頂いたのですが、1カ月の間に新しい取り組みのお話も出てきており、スピード感があり、面白いと感じました。

 
 
71481185_2448343538758497_7632802826598481920_n.jpg
 
 

今後ZEPPELINは、「ARaddin」が皆様のお手元に1日でも早く届けられるよう日夜開発を進め、今までとまったく異なる新しい広告ビジネスの扉を開いていきます。ぜひご期待下さい!

 
Zeppelin Inc.Comment