KDDI主催 学生向けハッカソン「KDDI DIGITAL GATE HACKS」にZEPPELINが参画しました!

 
IMG_8978 (1).JPG
 
 

2019年6月29日,30日の2日間にわたり実施された、KDDI主催の学生向けハッカソン「KDDI DIGITAL GATE HACKS」に、ZEPPELINがクリエイティブパートナーとして参画しました。

テーマは”IoTで家での生活をワクワクさせよう”です。

ZEPPELINパートでは、テクノロジストの多々良と荒川が過去様々な事業の成功・失敗事例から独自に導いた「顧客に選ばれるサービスは他と何が違うのか」というテーマのもと、サービスを考える上で重要となるスタートアップ視点やマインドを共有しながら、”家族のお困りゴトを解決するアイデア” を考え、発表してもらうワークを実施しました。

 
 
IMG_8928.JPG
 
 

アイデアソンそのものを楽しむことをメインにしつつも、実際のサービスづくりさながらの実践的な体験になりました。

サービスが解決する課題には物語が必要であるという視点から、学生一人一人がアイデアを自分ごとの課題として捉えて、実効性のあるものを生み出すプロセスを一緒に進めました。

 
 
Picture1.png
 
 

学生から活発な意見が数多く飛び交い、これからの未来を切り開くであろう若者たちに、ZEPPELIN自身も刺激をもらえた1日でした。

学生はこのアイデアソンを元に、同日午後から行われたハッカソンでモック制作を行い、翌日のプレゼンに臨みました。

【ハッカソンの結果 / 表彰チーム】

最優秀賞

チーム名:スネ_クケ_ス

プロダクト名:ニジダス

内容:GPSと加速度センサーを搭載した傘で、

   意図的に虹が見える場所を知らせてくれるサービス

優秀賞 (アジャイル開発センター賞)

チーム名:60Hz

プロダクト名:たしなめ娘さん

内容:部屋で騒いでしまった時に、騒がしさを検知し

   苦情がくる前に自分で気づくことができるサービス

優秀賞 (ZEPPELIN賞)

チーム名:Whorival

プロダクト名:WakeUP 2.0

内容:朝起きれない人向けのIoT技術を使った

   新しい起床体験を提供するサービス

【参加した学生の声】

・エピソードから考えることはとても大事だなと思いました。エピソードから考えると、みんな共感してくれるので、今後も大切にしたい視点です。 

・バックグラウンドの違う他のメンバーとオープンにディスカッションする空間があったことで、自分では考えもしなかったアイデアを聞くことができました。

・私の人生を大きく変えるイベントになったと思います。ハッカソンの経験は初めてでいろんなことを初めての経験として体感させていただきました。自分の無力さ、チームワークの重要性、アイデアの力強さいろんなことを感じ考えました。 

・とにかく楽しかった。今回のメンバーはこれから一生の仲間になりそうです。

 
 
67180439_369298813787500_5508043240676261888_n.jpg
 
Zeppelin Inc.Comment