Innovative_UXUI_1 – 5.png
Innovative_UXUI_1.png

イノベーティブUXUI

デジタル時代においてUXUIはサービスのコアになる

デジタル時代においてサービスのUXUIは非常に重要です。UXUIが脆弱なために他社サービスよりも劣位になり、ユーザーは離れてしまということは簡単に起こります。しかしながら、デザインの基盤がない組織の場合、UXUIを高めるための具体的な施策を実現するのは非常に困難なのではないでしょうか?

ZEPPELINでは長年のデジタルサービスデザイン開発における経験により、革新的なサービスを構築するためのソリューションを提供しています。単純な使い勝手だけではない、ユーザーの本質的な欲求を叶え、感動と心地よさを届けるUXUIを共創いたします。

space.png
Innovative_UXUI_1 – 1.png

どのようなUXUIであればユーザーを惹きつけるサービスになるのか?

UXUIにおいて最も重要なことは、サービス設計が「事業の戦略」と「ユーザーのニーズ」の両方をバランス良く叶えているか?ということです。事業戦略を踏まえた上で、ユーザーの本質的なニーズを叶えつつ、心地よく使うことができる構造設計を行う必要があります。

また、企業が根源的に何を成そうとしているのかを常に念頭に入れながら、企業の存在理由をUXUIを通してユーザーに伝えることが、何よりもユーザーを惹きつけ、長く愛されるサービスを生み出すことにつながります。

Innovative_UXUI_1 – 4.png
Innovative_UXUI_1 – 2.png

UXUIのデザインには高度なナレッジが必要

ZEPPELINには非常に高度なナレッジやプロセスがあり、それらを駆使しパートナーと共創しながらデザイン開発を行なっていきます。一つ一つのプロセスの中にUXUIの重要なエッセンスが隠されており、それらを正しい手順と高度な技能で設計できるかが鍵となります。

space.png
Innovative_UXUI_1 – 3.png

細部に至るまで綿密に計算されたUXUIの構築

UXUIを優れたものにするためには、ほんのわずかな細部に至るまで綿密に計算して設計する必要があります。どんなに戦略やサービス構造が優れていようとも、そのサービスの価値や意義は情報設計の細部に宿ってきます。それら細部に至るまで設計することによって真にユーザーに伝わるサービスが出来上がります。

 

高度なUXUIによって得られるもの

デジタル品質を高めユーザーの満足度をあげる

多くのユーザーを獲得できる

競合他社より優位なサービスを生み出せる

高度なUXUIを構築することができれば、サービスのデジタル品質を高め、ユーザーの満足度をあげることができます。またその結果多くのユーザーを獲得し、競合他社より優位なサービスへと成長させることが可能になります。ZEPPELINではそのためのイノベーティブで最先端のUXUIのナレッジとソリューションを提供しています。

参考事例


NTTドコモ dポイントアプリ

1→100 事業成長

ステップレスな情報構造で6,500万契約を突破

ドコモが課題としていた、dポイントにおけるユーザー体験設計を解決すべく、ユーザーニーズに即したアーキテクチャを構成し、普段利用する際に常に「新しさ」を演出できるように、UXを設計。またインタラクションや情報表示のタイミングまで構築しました。

ユーザーがすぐにアクセスしたいコンテンツを最適に配置し、ストレスなく快適に利用できるように設計した結果、6500万契約数を突破し、ドコモの成長を押し上げるサービスとなっています。

サービス実績_ネスレ日本バリスタi[アイ]アプリ.png

ネスレ日本 バリスタ i[アイ]アプリ開発

1→100 事業成長

デジタルとの融合により、発売から2か月で出荷台数が10万台越え

コーヒーを淹れるという行為にデジタルの付加価値をプラスし、圧倒的に心地よい使い勝手を生み出したことで多くのユーザーに支持されました。スマートフォンとコーヒーメーカーが繋がることで、コーヒーの配合を変えたり、自動でコーヒーを淹れたりすることが可能。

また、コーヒーを淹れたことを通知し、家族の見守りサービスのような機能を日常の自然な動線の流れの中に組み込むことに成功しました。

 
 
サービス実績_ライフネット生命保険契約者向けデジタルサービス開発.png

ライフネット生命 保険契約者向けデジタルサービス開発

1→100 事業創造

ユーザーフレンドリーな登録フローによる快適なログイン体験の実現

ライフネット生命アプリのユーザーフローを設計。アプリとの最初の接点をスムーズなものにすることで、ユーザーが期待感を持って使い始められるよう工夫しました。

新たに導入した生体認証へ誘導することで、ユーザーのパスワード忘れ防止と問い合わせ件数を減少させることに成功。またロゴマークをうまく用いることで、ブランディング的観点からも最適なユーザー体験を実現ました。

ライフネット生命保険株式会社 様 導入事例

1→100 事業成長

「何かを決める際、いつも基本に立ち戻らせてくれる」

2018年に開業10周年を迎えたライフネット生命保険株式会社。記念すべきその年に、自社アプリの開発に着手し、そこにZEPPELINが参画させて頂きました。数ある会社の中で、なぜZEPPELINをパートナーとして選んでくださったのか?プロジェクト前のリアルなお話も語っていただきました。