AIとUIUXデザインの関係を考える。 AIはデジタル体験に何をもたらすのか?

 
記事サムネイル-もっと共感しあえる、デジタル関係性をテクノロジーで作り出す。 – 1.jpg
 
 

人工知能(AI)は、様々な領域・分野を飛躍させるポテンシャルを持っています。では、デザイン領域においてはどうか? 現場への浸透はまだ実感を伴っていないかもしれませんが、これからは確実に避けて通れないものになっていくでしょう。

デザイン領域でAIを使う主な目的は、最適化と時間短縮。

Adobeが提供しているScene Stitchというツールは、画像内のパターンを検知し、編集もしくは完全なリメイクを可能にします。

 
 
 
 

デザインのプロトタイピングも、より簡単に、より素早くできるようになりました。Airbnbは、コンピュータービジョンを学習させたAIと既製コードを利用して、手書きのスケッチからデザインアイテムを作りだすツールをつくりました。

 
 
https://airbnb.design/sketching-interfaces/

https://airbnb.design/sketching-interfaces/

 
 

商品のローカライゼーションや異なる言語間での同じグラフィックスの使用についても、Netflixがソリューションを生み出しました。拡張知能によってアートワークやバナーなどを別言語に翻訳するものですが、AIが原文を検知し、グラフィックスを変えずにパーソナライズ/ローカライズします。

このように、デザイン領域ではまずツールがAIの力によってより扱いやすくなっています。工数を減らしつつクリエティブの質を高めるテクノロジーというわけです。

ではUX構築はどのように変化していくのか?

とはいえ、AIはユーザーのインプットの意味や明確でないニーズを解釈できるわけではありません。「what」の識別はできても、ユーザーの視点、感情や経験を踏まえて「why」を汲み取ることは、やはりデザイナーでなければできません。

言葉を変えると、ユーザーの第一次的なインプット(行動、表現、言語など)を認識するのがAIで、そのインプットが明示/暗示する感情や行動を意味づけ、AIのさらなる学習につなげていくことがこれからのプロダクトづくりには求められてくるのです。

たとえば日付、場所、デバイスなどのユーザー行動データをAIが捕捉し、クリエイティブなインサイトを導き出してくれれば、デザイナーやストラテジストはそれをもとにユーザーの行動予測をたて、パーソナライズされた体験を創出することができます。

このプロセスは、今までマニュアル作業的に行われてきました。チームがかりで紆余曲折を経ながら、戦略にもとづいて最適なユースケースを模索してきました。しかしAIは大量のデータをすぐに解析し、修正案をすぐに出せます。デザイナーからすれば、あとは修正案をそのまま採用するか、手を加えるかだけです。

FacebookはすでにAIを活用した画面認識ソフトウェアで、ユーザーが投稿するコンテンツの内容理解を図っています。こうすることで、キャンペーンを実施するにあたり、広告主が適切なターゲットオーディエンスを特定しやすくなっています。

 
 
 
 

AIの存在によって、人はデザインにおける戦略的な側面に集中できるようになります。単純な反復作業に時間を割くよりももっと適切でスマート、効率的でパーソナライズされたデザイン体験に時間を費やせる。テクノロジーがもたらすそうしたチャンスを、デザインという領域は包含しつつあるのです。これからさらにデザインとテクノロジーの垣根は融解し、どちらにも精通したプロダクトづくりが求められるようになるのです。


 

 その他のコラム一覧

 

ZEPPELINについて

事業づくりにはテクノロジーとデザイン共に精通したプロフェッショナルが必要です。AI/ARを始めたとしたテクノロジーと、14年以上培ってきたクリエイティブを掛け合わせて事業創出を伴走いたします。

 
Zeppelin Inc.