若者や女性のお金のモヤモヤを解決する:オマモリUXの正体とは!Vol.1

 
BANNER-1920-1080-vol1.jpg
 
 

若者や女性が支持する新しい投資「tsumiki証券」とは?


今までにないシェアリングサービスは、何が新しいのか?

今回、寒竹さんを招くにあたり、ZEPPELINの広報担当・山口が事前に有楽町マルイで期間限定(現在は終了)で展開した新たな試み、実店舗によるシェアリングサービスを体験しました。新しいシェアリングサービスのカタチに驚きと感動を覚えたので、寒竹さんにその思いを伝えるべく、鳥越との対談を前に、まずは広報・山口との対談をお届けいたします!

山口 有楽町マルイで行われたシェアリングイベントでは、新しい店舗の形を体験することができました。

シェアリングサービスというと、ネットで見てサービスを利用するか決めていたわけですが、それをお店で実際にモノに触れて利用するか決められるということがとても新鮮でした。

 
 
51737858_2193685854056131_6506329365528182784_n.jpg
 
 

寒竹 店舗でのシェアリングサービスは、私たちが経営課題と捉えている、お客様はモノを持ったり、みんなと同じブランドを持つことがうれしいという感覚ではなくなってきていることと関係があります。

山口 モノを持つことへの意識の変化があると。

寒竹 はい。モノを持つよりは楽しい体験をしたいとか、所有することが幸せではなくなってきているんですね。インスタ映えも、実は所有ではなくて、写真を撮って楽しいということが目的になっています。

山口 物質的な幸せよりも、経験的な幸せですね。

寒竹 そうです。心が満たされることが大事なんです。もはやモノは売れなくなってきています。一方でネットは、好きなときに好きなモノが買えますし、シェアリングサービスもあります。

つまり、店舗のあり方が問われているんですね。

ではマルイでお客様に体験していただく提供価値とは何かというと、ネットでは満たされないもの、お店に来ないとできないことになります。

シェアリングサービスも使ってみたいけど、ネットやスマホのモニターでは、バッグの重さも時計の盤面のディテールもわからない。

実物でないとわからない部分をショップで体験することで、ネットでは満たされない価値をお客様にご提供できると考えています。

 
 
IMG_3014.jpg
 
 

tsumiki証券が目指した、不安を取り除く投資とは?

 

山口 tsumiki証券についてもお伺いします。私は最近、将来のお金に対してどれほど意識を向ければいいのか不安があるのですが、サービスを利用されている方は、どのような方々なのでしょうか。

寒竹 まだ、サービスを始めて4カ月(2018年12月時点)ですが、お客様に「投資経験はありますか?」と質問をすると、全体の7割が初めての方で、20代、30代になると8割です。

若い方を上手に取り込んでいる運用会社でも、4割ほどです。

山口 初心者の方達は、tsumiki証券にどのような魅力を感じたんでしょう?

寒竹 山口さんもお話していたお金の不安について考えてみると、例えば月3万円貯金していても、何か心配ということがあります。実際、お客様にもそういった声が多いんです。

投資についても三大不安要素があって、「よくわからない」「損しちゃうのが怖い」「お金がない」と皆さん言います。

そこで、tsumiki証券では今まで投資していなかった方が、「怖いな、嫌だな」と思ったところを解決するビジネスモデルにしました。

山口 マイナス要素を取り除いたんですね。ネットのサービスを見ていても、まずUIがすごいなと。わかりやすい言葉で説明されていたので初めてでも安心できました。

 
 
https://www.tsumiki-sec.com/

https://www.tsumiki-sec.com/

 
 

寒竹 専門用語は法律的に使わなければいけないものもありますが、なるべく使わないことにこだわって、サイトのカラーもパステルカラーで優しい雰囲気にしました。そこが、お客様に響いているのかなと思っています。

山口 tsumiki証券さんの最終的なビジョンや目的はどのように捉えているんでしょうか。

寒竹 お客様がお金の心配をしなくなることが何よりです。心配を取り除くことが、生活をより豊かに楽しく送ってもらえることにつながるからです。人それぞれに豊かな生活のあり方には違いがあります。

例えば、旅行に行きたい、子供をいい学校に行かせてあげたい、自分を高めるための啓発活動をしたいなど、人生において叶えたいビジョン、目標をお金の不安によって諦めて欲しくないと思っています。

そのためにもお客様が目標を持ちながら、tsumiki証券を通じて幸せになってもらうことが目的です。

 
 
IMG_6550.jpg
 
 

山口 寒竹さんは未来のお金のあり方について、何かイメージはありますか?


寒竹 資産形成におけるお金の考え方は、シェアリングエコノミーの考え方が進むことで、かなり変わってくると思います。

かつてはモノを持つことが前提だったので、まとまったお金が必要でした。退職金もそのための仕組みなのかなと。

でも、車も家も服もバッグも借りられる時代になっていくとまとまったお金は必要ないのではないかなと思います。そうなると、今使うべきことに使うようになる。

例えば、自分へ投資して稼ぐ力をつけたり。山口さんぐらいの歳の人って、将来に備えるお金の考え方が変わってきているんだと思います。

これからは、自分が何を所有して、何を所有しないのか、どう稼ぐのか、それに対してどう備えるのかということを考えていくことで、お金の存在意義が変わっていくのかなと思います。


tsumiki証券が目指した、革新的なサービススタイル


鳥越 tsumiki証券さんは、徹底的に商品やソリューションのインターフェイスを使う人にとって気持ちいいものにしていますよね。


寒竹 振り切ったという感じです(笑)。


鳥越 できる限りステップを減らし、わかりにくい言葉もなくしている。まさにZEPPELINがやっているUXと一緒だなと思いました。今、デジタル業界もUXも突き詰めると、ある1つのことを目指しています。

それは、人と機械の間には0→1から始まる小難しい数式があり、コードがあり、インターフェイスがある。そこをどれだけ簡略化して、人間がわかりやすく気持ちよく使えるかということです。

tsumiki証券さんは、そのお金版ですよね。かなりすごいことをされていると思いました。

 
 
IMG_6583.jpg
 
 

寒竹 ありがとうございます。今日、鳥越さんに伺ってみたいことがあったんです。というのも、改めてデザインの力ってすごいなと、tsumiki証券の事業を進めていて思ったんですね。

今回、tsumiki証券のUIをはじめとして色々なものの監修を、デザインオフィス「nendo」さんにお願いしました。

デザインがいいと、人の心まで変わってくるということに気づかされました。デザインによって、お客様には、「これなら私も始められるかも」と思っていただけたり、弊社の社員にも影響がありました。

プロダクトやWebデザインがあり、世界観があることで、こういうコミュニケーションをしたほうがいいと、自ら考え動いてくれるようになったんです。

 
 
IMG_3059.jpg
 
 

鳥越 デザインと言っても表面しか考えられていないケースもあります。

でも、優れたデザインは「こういうものをやりたい」という思いと作りたい世界観を全て吸収した上で、最終的に絵やグラフィック、UIに落とし込むというステップがあります。

tsumiki証券さんのデザインは、そこがキレイに構築されているから思いが通りやすい。

実は、その構造化こそがいわゆるデザインと言われるところだと思います。見た目だけを追いかけてしまうと、お金や時間をかけても、「?」というものになってしまいます。

人間って言語よりもパッと見た瞬間の印象の方が受け取りやすいんです。本来はそこに力をかけるべきですよね。

それを積み立て投資でやったというのが革新的です。

なぜ若者や女性は不安を抱いてしまうのか?

鳥越 ところで、若い世代の不安というと、どんなことだとお考えですか?

寒竹 サービス開始に向けて、若い方にもたくさんお話を伺いましたが、結構漠然としていて、「大人が楽しくなさそうだから」と言ったことも話していました。

鳥越 周りにいる身近な大人が楽しくなさそうなんでしょうね。

寒竹 そうですね。これだけ働いても自分は将来どうなるのかとか、キャリアパスも会社勤めでは描きづらい部分があったり。

そもそも雇用が不安定で、ニュースでも年金の話題など暗いものも多く、そういうことが大きく影響しているのではないでしょうか。

 
 
IMG_6708.jpg
 
 

鳥越 悩みの元が漠然としているから、余計に解決のしようがないんでしょうね。

 
 

寒竹 それから女性は、いろいろなことを考えすぎてしまうというか…

そんな不安が多いですね。

鳥越 どんな不安ですか?

寒竹 例えば、これから結婚して、子供も産んで、そうすると会社もやめるかもしれないし…と。

鳥越 僕の妻も完全にそういう状況です(苦笑)。昨年出産したんですが、この先、再就職できなかったらどうしようとか、僕が死んだらどうしようとか、色んなことを考えています。

積み立て投資も5年以上前からやっているようです。

 
IMG_3117.jpg
 
 

寒竹 そうなんです。私もそうでした。妄想してました。

鳥越 tsumiki証券さんの申し込みも、やはり女性が多いですか?

寒竹 最初は男女比で6:4ほどだったのが、サービス開始から3カ月ほどで半々ほどになり、この先は女性が増えてくるのではと予想しています。

鳥越 若い方も女性も不安が漠然としていますね。だからこそ、tsumiki証券さんがお金に対する不安を取り除いてくれるということなんでしょうね。

寒竹 そういった不安に対して、積み立て投資しているから大丈夫と。“心のお守り”のような感じでtsumiki証券を使ってもらえたらと思っています。

 
 
 
 
 
 
Zeppelin Inc.