事業創造

イノベーションの種を発見する

イノベーションはアイデアだけでは実現不可能です。

デジタル時代における新しい価値を見つけるために必要な仮説と検証を、効果的かつ高速で行うことが必要です。

事業創造のプロセスでは新しい価値を生み出すための事業コンセプト立案を行い、高速にプロトタイピングをしながら検証を行います。

0→1概要.png

⒈事業仮説の構築

インサイトの発見

独自の事業判断基準策定

事業コンセプトの立案

事業仮説の構築.png

イノベーションへの第一歩は、解決すべき良質な課題 - インサイトを発見するところから始まります。独自の判断基準(独自性、インパクト、市場の有無)を元にマーケットにフィットする良質な事業コンセプトを発見する支援を行います。

アウトプット:インサイト資料、カスタマージャーニー、課題サマリー

 

⒉高速仮説検証

ビジネスソリューション創出

スピーディな仮説構築

ユーザーインタビューの実施

高速仮説検証.png

課題解決を実現可能とする具体的なソリューションアイデアを創出し、高速で仮説を検証します。クリエイティブな発想や視点を取り入れ、サービスの戦略をデザインで具体化しながらスピーディーな仮説構築を実現します。

アウトプット:ソリューションアイデア、サービス概要立案、事業仮説の構築

 

⒊テストマーケティング

仮説のプロトタイピング

テストマーケティング設計

サービスの勝ち筋の発見

テストマーケティング.png

ビジネスモデルをソリューションアイデアと融合させ、その価値を確かなものにするための検証を行います。実際に触れることができるモックや擬似プロダクトを用いて行う検証と改善によって確かなサービスの勝ち筋を発見します。

アウトプット:テストマーケティング設計、簡易モック、ユーザーインタビューの実施

参考事例


NTTレゾナント Future Vision

0→1 事業創造

その先の20年へ。未来志向を実践する組織へ変化

現状のサービスに意識がとらわれすぎてしまい、新しい未来をつくるというマインドがうまれにくい状況になっている、という状況を解決すべくプロジェクトがスタート。

未来のNTTレゾナントが提供する価値、テクノロジー、サービスアイデアを決めるワークショップを実施。実際にチームに分かれ、コンセプトからUXとサービスの具体的なUIへ落とし込みました。独自のワークショッププログラムを提供し、UI/UX構築、動画制作まで行いました。

キリン 富士山麓UXデザイン

0→1 事業創造

新しい時代の飲料の消費体験をつくる

キリンは飲料の販売は、販売し終えた後にユーザーのデータを拾うことができず、ユーザーとの関係性に距離ができてしまうという課題を抱えていました。「ユーザーとコミュニケーションを取りながら新しい体験を生み出すにはどうしたら良いだろう?」というテーマで協働。

新しいKIRINブランド想起させるUXプロトタイピングを実施し。空間、香り、そして飲み物を組み合わせた新しい体験を開発することに成功しました。