KDDI : もっと違う視点が本質的に必要だと分かった

KDDI_Digital_Innovation_1.png

一連の「体験 UX」として「伝える」ことができていなかった

これまで早く物をつくるということに徹してしまった関係で、私たちが抱いている想いをサービスの機能や要件を通して、一連の「体験」としてお客様に「伝える」ということができていませんでした。そのサービスの使いやすさに再度意識を向けて、如何にしてお客様の「ペイン(つまづくポイント)」を無くすということが大事なのかということが分かり、それでUX(User Experience:顧客の体験)を向上させていこうという風に思い、ZEPPELINに相談したことが始まりです。

意思決定の速度が格段に向上した

ZEPPELINの方々と話をしていく中で、KDDIのメンバーが持っている視点だけではなく、もっと違う観点、お客様に寄り添った観点が、本質的に必要だということが分かりました。常にユーザー視点を持って一丸となって進めることにより、チーム全体のコミュニケーションの意思疎通やモチベーションアップ、意思決定の速さに繋がっていると思います。

Zeppelin Inc.