社外取締役に勝屋久が就任

 
ZEPPELIN代表鳥越康平(写真左)と、新任社外取締役勝屋久(写真右)

ZEPPELIN代表鳥越康平(写真左)と、新任社外取締役勝屋久(写真右)

 
 

2018年11月より株式会社ZEPPELINの社外取締役として、元IBMベンチャーキャピタルグループパートナー日本代表、ビジネス・ブレークスルー大学客員教授である勝屋久が就任いたします。

ZEPPELINのサービスである「デジタルイノベーション™️」および、自社事業の拡大を支援し、ZEPPELINの企業価値向上を推進します。


勝屋久プロフィール

1962年東京生まれ。上智大学理工学部数学科卒業後、日本IBMにて25年間勤務。2000年IBM VentureCapitalGroup パートナー日本代表、経済産業省IPA未踏IT人材発掘・育成事業プロジェクトマネージャーなどを経て、2010年8月に独立。

(株)アカツキ(証券コード3932) 社外取締役、(株)クエステトラ 社外取締役、(株)マクアケ 非常勤役員、(株)エーゼロ 非常勤役員、(株)うむさんラボ パートナー顧問、(株)ウェルモ 顧問、(株)Hanoi Advanced Lab 顧問、ビジネス・ブレークスルー大学客員教授、富山県立大学MOT非常勤講師、KATSUYA♡学院共同創業者、総務省地域情報化アドバイザー、福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議理事/ビジネスプロデューサー、西粟倉村/厚真町ローカルベンチャースクール チーフメンター、総務省 NICT(情報通信機構) ICTメンタープラットフォーム メンター、鯖江市NPO法人エル・コミュニュティ理事など多様な顔もある。

2018年11月より株式会社ZEPPELIN社外取締役に就任。



勝屋久からのコメント

これからの世界は効率や利便性によって可処分時間が増えたとしても、自分が受け身になってしまう思考停止の時間に使うのではなく、自分や人類が進化する時間を創ることのできるサービスが必要になってくるはずです。

これから私たちZEPPELINが新しく作るのは、人生を豊かにする、幸せ感を満たすようなこれからの時代に必要とされるサービスであり、それを提供していく手助けをできるだけ行って参りたいと思います。

皆様、ぜひこれからのZEPPELINにご期待ください。よろしくお願いいたします。




 
Zeppelin Inc.