分化された部署間をつなぐ、プロトタイピング思考

KDDI株式会社アジャイル開発事業部 PoCプロジェクト

 
 
 

昨今、新サービスや新製品のアイデアをスピーディに仮説検証を行いながら開発するプロセスが主流となっています。KDDIアジャイル開発事業部もこうしたアイデアを日頃から考案・蓄積し、開発している部署のひとつです。

しかし、開発の過程においてスピード優先のあまり、ユーザーのためではなく納期に間に合わせるための開発になってしまいがちな傾向がありました。

そんな中で、新規立ち上げを検討している消費者向けサービスのアイデアを、目に見えるような試作的な形にして、実現が可能であるかを検証したいとの依頼を受けました。

全体的なサービスデザインプロセスおよびマインドセットを含めた組織デザインをZEPPELINが支援しました。

 
 
(新サービス・製品のアイデアをスピーディに仮説検証を行いながら開発するプロセスをPoC[Proof of Concept]と呼ぶ)

(新サービス・製品のアイデアをスピーディに仮説検証を行いながら開発するプロセスをPoC[Proof of Concept]と呼ぶ)

 
 

机上段階にある新サービスのアイデアについて詳しく聞き取り、実際にサービスを提供すると利用者はどんな行動をとるのか、そして事業側がどんな事務処理を行わなければならないのかなど、想定されるさまざまな行動パターンの仮説を立案し、サービス全体を把握できるプロトタイプをいくつものプロジェクトで実施しました。

一緒にプロジェクトを進めることを決めたきっかけは、ZEPPELIN社員が楽しく気持ちよくプロジェクトをしている印象があったためだそう。本プロジェクトの印象を担当マネジャーの伊藤さんが語ってくれました。

ユーザーの代弁者としてのZEPPELIN

 
 
(アジャイル開発センター マネジャー 伊藤さん)

(アジャイル開発センター マネジャー 伊藤さん)

 
 

「速くものづくりをするということに徹してしまった関係で、なかなかお客様に価値を伝えるということが正直できていませんでした。使いやすさなどを含めて、いかにお客様の利用上のストレスをなくすことが重要なのかということが今回のプロジェクトを通じてわかり、UXを向上させるプロセスを導入していこうと考えました。

今までとはもっと違うお客様に寄り添った観点というものが必要だなというのがわかったのは、ZEPPELINさんに一緒にプロジェクトに入っていただきユーザーの代わりをやっていただいたことが大きかった。その中で本来我々がやらなければならなかったポイントもユーザーの立場に立ってものづくりをするということだと肌感覚として気づいたことがとても重要なことでした。弊社の他のチームも我々の活動を見て、ぜひ私たちもやってみたいという声が多く挙がっていまして、今回のプロジェクトの影響力というのが本当に広がってきたという風に思っています。」

当初は自分の部署だけで新サービスを立ち上げられると考えていたのが、他の部署との連携がないと実現が難しいとわかったことは大きな収穫であり、プロトタイプによって組織間が繋がった例です。

現代のデジタルサービスづくりにおいては企業とユーザーだけでなく、いかに組織の部署同士が繋がって開発ができているかがサービス品質に直結します。

これからもZEPPELINはアウトプットされるUIだけではなく、その根底を支える組織づくりに対しても注力していきたいと考えています。

参照記事『リーンとアジャイル開発は一体 KDDIは成功体験から組織を変革

 
 

他の実績を見る

 

ZEPPELINへのご連絡

お問い合わせ


プロジェクト詳細相談やお見積のご依頼の方はお問い合わせフォームよりご依頼内容をお伝えください。

資料ダウンロード


ZEPPELINのサービス内容やこれまでの実績をご覧になりたい方は弊社の会社概要資料をご活用ください。

お電話でのお問い合わせ
(営業目的でのご連絡はお断りいたします)

03-6805-0925

Zeppelin Inc.