UXデザインを体感しながら学ぶ。実践に基づいたワークショップ

KDDI株式会社アジャイル開発事業部 UXトレーニング

 
newkddi.png
 
 

事業部内で新しいサービスなどを考案して事業として立ち上げたいとき、ひとつの問題に直面します。

それは、技術面において優秀な人材は揃っていても、ユーザーの視点に立ってどんなサービスにすればユーザーは受け入れるか、そしてどういう流れでサービスを提供したらよいのか、開発側を巻き込みながら考案できる「UXデザイナー」と呼ばれる人材がいないことです。

KDDIアジャイル開発事業では、今後の新事業展開を見据えて社内でUXデザイナーを育成したいという要望があり、UXデザイナー育成のためのワークショップ実施を依頼されました。

研修の目的や何を習得したいかをヒアリングした後、最適なカリキュラムや進行方法を社内で検討しました。

そして、架空のプロジェクトを立ち上げ推進していくことで、UXデザイナーとしてどんなスキルが必要なのかを、実際に体感してもらえるワークショップを実施します。

 
 
(シラバスの一例)

(シラバスの一例)

 
 

まずは、どのようにすればそのサービスを実現できるか、チームに分けて討論をしながら進めます。チーム内で課題のサービスを始めるにはどのような準備が必要で、どのような過程でサービスを提供していくかを議論。

次に、ユーザーの視点に立って、実際にサービスを利用する上でどのような問題が発生するかといった仮説を立てて解決策を考えます。最後に、各チームがサービス実現までの過程を発表し、互いの成果を評価し合いました。

 
 
(UXトレーニング 成果発表の様子)

(UXトレーニング 成果発表の様子)

 
 

ワークショップを終えて、参加者からはユーザーの視点でさまざな仮説を立ててサービス全体を作り上げる経験はしたことがなく、大きな収穫が得られたとの声をいただきました。

また依頼元の担当者からは、部署内ではユーザーの視点に立ってサービスを構築するノウハウがなく、実践的なワークショップを実施できたことは、有意義であったと評価されました。

 
 
PoC参加者の声.png
 
 
(過去のプロジェクト参加者のアンケートより)

(過去のプロジェクト参加者のアンケートより)

 
 

机上論に終わりがちな研修とは違い、実際に新規ビジネスを仮定しながら遂行するからこそ、より実践に近い形で体験ができる。

企業のニーズに応じて最適なカリキュラムで開催するオーダーメイド式のUXデザインワークショップは、新サービスを始めるときに欠かせないUXデザイナーの育成に重要な役割を果たしています。

 
 
Zeppelin Inc.