ユーザーと、どのようにコミュニケーションを取っていくべきか。

ユーザーに、どのようにブランドを理解してもらうべきか。

今後、他社とどのように差別化していくべきか。

 

時代が急速に移ろぐ中で、こういった課題を持つクライアント様が多くなってきています。

そのようなクライアント様を対象に、ビジョンを明確にし、且つユーザー体験に基づいた新しい事業戦略・製品開発を行うためのビジュアル化をサポートします。

具体的には、クレド(企業全体で心がけるべき信条や行動指針)やビジョンステーショナリーの作成、ホームページ・サービス・アプリのブランディングおよび可視化です。

また、クライアント自らが、自分たちの提供・存在価値をも改めて見直し、

一人一人がデザインシンキングを取り入れ、自走していける組織へと変革させます。ZEPPELINが独自で築き上げたプロセスを導入し、ユーザーに寄り添った新しいブランディング戦略を行います。

 
 
 

ZEPPELINと組む利点は:

・成約率の増加―利用状況や獲得の阻害要因を洗い出し、CROを通じて対処します

・コスト削減―ZEPPELINと組むことで、費用面で大きな負担となる将来的なデザイン変更を避け、長期的なコスト削減をはかることができます

・ロイヤリティの向上―ユーザーを第一にすることで、使いやすく、信頼できるUXを創り、すぐれた顧客リテンション率を達成します

SUCCESS STORIES

 
 

ニコン デザイン組織改革

社員の意識を変革し、独自性を届けるマインドを醸成

一眼レフカメラなどのハードウェアだけにとらわれることなく、本質的にニコンが将来どのように顧客とつながっていくのか、どう彼らのブランドを差別化し、オリジナルなものにしていくのか、ニコンのDNAが組み込まれた体験をどう作っていくのか。本プロジェクトは、ニコンの根本的な思想を明確にし、新しい製品開発の戦略へとデザインの視点からアプローチしました。

ニコンの根本思想、ビジョン、信条、ビジネス戦略、商品を統合し顧客に新しい体験を届けることを目指し取り組みを行い、組織を大きく変革することに成功しています。