クリエイティブな仕事の幅を広げたい。ZEPPELINでの挑戦。

 
Crew Interview | Yasuhide Arai

Crew Interview | Yasuhide Arai

 
 

コンサルティングに近い?前職とZEPPELINのブランディングの違い

ー入社して間もないですが、ZEPPELINでどのような業務をされているのでしょうか。

主に自社サービスとアプリケーションのブランディングをしています。あとはクライアントワークで、新規事業立ち上げのITを用いたコンサル、企業のリブランディング、サービスのUI・UX開発の提案などですね。

ブランディングって幅広いんですよね。クライアント企業のブランディングであれば、お客さんにどのように見られたいかをヒアリングしてスローガンを掘り下げるところから始めることが多いんですけど、今自社向けにやっているのは表現の部分が大きいですね。

ロゴの精査だったり、ロゴを用いてどう世界観が広がっていくかをイメージしたり。 

ークライアントワークで、前職とZEPPELINで異なる点はありますか?

以前は情報を集めて調べてからアウトプットして、クライアントに判断を委ねるように提案していたんですが、今はクライアントと共創しながら、より自分たちの意思を込めた提案をしていくという流れになりました。

あと、手法も前職と違っていて。前職では紙媒体を中心にした広告のアートディレクションやグラフィックデザインをやっていました。今まで3社くらいで働いていて、基本的にはグラフィックデザインが中心ですが、ZEPPELINではデザインや理論を基に設計やコンサルティングをしています。

今までも理論に基づいたブランディングもやってきてはいたんですが、経営やビジネスはそんなに触れてこなかったんですよね。

ブランディングだと自分が知っている領域で提案できたんですけど、コンサルティングはその領域に精通している人に対して、自分の方がもっと詳しくなって提案をしないといけない。

理論で構築していく業務が多くなったので、最終的には前職でやっていた感覚的なものと合わせて両方をできるようになりたいなと思っています。

 
 
IMG_4237.png
 
 

仕事の垣根がない。だからこそ効率化・可視化・PDCAを重視

ーデザイン会社は複数ありますが、どうしてZEPPELINに入社を決めたのでしょうか。

前の業界にかなり長くいたので、慣れてきてしまっていて。よくないんですけど、これくらいの力を出せばそれなりにできちゃう、みたいな。これより上にいく、スキルアップするには、ちょっと変わったことをしたいなと。

それで、ITの分野に強く、事業に深く関われるZEPPELINに入社を決めました。特にITに関しては、社会や経済の中心が完全にITに移ってきているので、前職のときから興味があって。紙媒体の仕事をしていたときは、なんとなく分断されているような感覚がありましたし、よく言われているように紙の仕事が減っていました。なので、社会の中心になっているITのことをもっと知ることで、クリエイティブな仕事の範囲や幅を広げられるかなと。

企業との関わり方についても、これからはZEPPELINのように事業から入り込んでいく時代になっていくように思っています。

ー実際に働いてみていかがですか?

文化の違いは予想以上でした。スピード感が全然違う、速いです。あとは、毎日新しいIT用語が3つか4つ出てくるので、かなり刺激がありますね。

あと前職と異なるのは、会社内で役割がはっきり分かれていないこと。前は他の人の領域には入り込まない、デザイナー、コピーライターってはっきり仕事の分担がされていたんです。今は何か不思議で、一応分かれているけど結局は全部やっている気がするんですよね。

みんなが全部できるようになったらすごく強いとは思うんですが、時間との折り合いをどう付けていくかという難しさはあると思います。ZEPPELINの場合、タスク管理をきちっと可視化することで、時間の折り合いを付けているのかなと。

まだ2ヶ月しか経っていないのでその文化に慣れていないですが、慣れれば働きやすくなるんだろうなという予感はしています。

ーほかにZEPPELINに入社して、自分自身の変わったなと感じることがあれば教えてください。

入社前はずっと同じ業界にいたので、単純にいうと慣れていて、楽だったんです。そこでもし、会社が急に方針を変えて、タスク管理やPDCAを重視する会社に豹変したとしたら、ついていけなかったような気がしています。

今は変化についていこうというモチベーションがあるので、前職では考えられなかったような変化に対応できているんだと思います。

 
 
IMG_7618.png
 
 

フレンドリーでマイルドな雰囲気の中で感じられる、ほどよい緊張感

ーZEPPELINクルー(社員)や会社の雰囲気はいかがですか?

すごいフレンドリーですよね。ITって聞くと、変にとんがった感じの人がいるのかなと思ったら、全然違って。社長がデザイナー出身というのが理由なのかなと勝手に思っています。

分からないですけど、もともと経営をバリバリやるような人が社長だったら、ヒルズ族みたいな雰囲気になったんじゃないかと。(笑)

ただ、マイルドさだけではなくて。社長もクルーもビジネスに結び付けるところをシビアに考えているので、緊張感はあるなと思います。バランスがいいんですよね。

前にいた業界の視点から見ると、ZEPPELINでの仕事はクリエイティブや表現の部分は開拓のしがいがあるなと思っていて。というのは、経営や事業にしっかり目が向いていて成功させようという熱はすごくあるんですけど、人からの見られ方や表現に関してはもっとできることがある。 

ー最後に、転職に関して悩んでいる方へのメッセージをお願いします。

自分がいたような紙媒体の業界からは宣伝や広告のデジタル業界の会社に転職することが多いと思うのですが、ぜひ、ZEPPELINに挑戦してみてほしいなと。ZEPPELINでは経営やデザインシンキングに関わることができるので、自分の可能性の幅がぐっと広がると思います。


もっと自由に、もっと可能性を信じて働きたい。私たちの仲間になりませんか?

 
Zeppelin Inc.